【小売業】ECサイト制作・Illustratorレクチャー

本ページは、しかけづくりが日誌的に書いている業務報告・実績報告になります。

お客様について
  • 創業100年以上、老舗の漬物屋
  • 小規模事業者持続化補助金を活用し、15回の訪問で「サイトリニューアル」「通販サイト制作」「デザインツール(Illustrator)を使い販促物を作れるまでをOJT」をする。【6/15回目】
  • 前々回:Illustratorの使い方を説明、(宿題)新商品パッケージを自分なりに作る
    前回:パッケージ添削、(宿題)オンデマンド印刷に発注

店に入るや否や、新商品のポスターや特設ブースが。
ちなみに埼玉県北部は2021年現在、渋沢栄一関連で特需(今年の大河ドラマにもなっている。なお深谷市で生まれた)。

すでに販売が始まっており、銀行や保険屋などが「配る用にまとめ買い」をしている模様。

今回の訪問制作では、「送料をどのように設定するかを決める」宿題ができたとのことで、2~3か所修正して数回にわたって作成してきたネットショップをオープン(公開ボタンを押す)するのと、コーポレートサイトを作るにあたってWordPress~テンプレート(Swell)のインストールをし、大まかな設定や簡単なレクチャーを行うのがテーマ。

  • 通販サイトのカートシステムはBASE、デザインは購入した有料テンプレートに若干の手直しを行ったもの
  • 公開直後、「渋沢栄一漬物詰め合わせ」を購入し、管理画面についてレクチャー
  • レンタルサーバーにWordPressをインストール、Swell購入~ダウンロード~WordPressにインストール
  • ヘッダーやロゴの挿入・トップページのスライダーなど「サイト全体の設定」をしつつ大まかに使い方をレクチャー
  • 次回までに(デザインは無視していいので)ページと項目のたたき台を作っておいてもらう(次回それを添削)

なによりIllustratorが使えるようになったのが大きいです。思った以上に渋沢栄一パッケージが好評だったようで、贈答用漬物詰め合わせに使う包み紙も通常のほか「渋沢バージョン」も用意するようです。

また、通販サイトができて終わりではなく「ソコへの告知・集客」用のチラシ・ショップカードなど販促物一式を…など、自分で販促物を内製できるようになったことでフットワークがより軽くなりました。