しかけコアとは?

明確な顧客像やゴールからのプロセス、伝え方をそもそも論で立ち返って考えた、販促や商品・サービス、商売そのものの企画設計時に核となる「骨子」です。


しかけづくりは、制作する様々な販促ツールをはじめ、企画・提案・セミナー・コンサルティング等においても、この【しかけコア】を組み込んで、考え・動き・作ってまいります。

1. 顧客像・属性/悩みの明確化

まず最初に考えるのは「誰に?」部分。単に「市内製造業」「30代女性」など漠然としたものにせず(表向きはそうであっても)、【困りごと】や【趣味・嗜好】【情報感度】などより具体的にします。

 

例)

地域密着型を志向し、地元のお客様をもっと増やしたい企業

IT 化を進めたいと考えているものの、PC に詳しくない経営者 など 

2. ゴールとプロセスの明確化

次に考えるのは「どうなっていればいいか?」 「どう変わってほしいか?」部分。そこから逆算してどのような施策を打っていくか?を落とし込みます。 

3. 伝える内容の最適化

その後に「何をどのように伝えるか」を考えます。「(企業が)伝えたいこと=(お客様が)ほしいもの」ではないことの方が 多いからこそ、(1)(2)部分に一度立ち返ってから構成を考えるのが効果的です。