【事例報告:その後】飯田屋商店さま

15回の訪問で、あれこれお手伝いした行田の老舗奈良漬屋、飯田屋商店さま。

「桜セット」をお知らせするメールDMが届き、リンクをたどりサイトを見ると、ご自身でガンガンサイトの修正や新商品開発、アイキャッチ画像の作成などやっているようで。

言われるがままサイトを作るのではなく、「有料テンプレでサイト制作の手間と工数を大きく削減し、残りの時間で運営や各種ツール作りが自分でできるようOJTを行う」仕事の進め方にし、最初の方はサイトやECの大枠部分をしかけづくり側で作成し、徐々に引き継ぎを行ってきました。

サイト・EC・note・懸垂幕・商品発送時に同封するパンフ・渋沢栄一漬物パック(その年の大河ドラマは渋沢栄一の話だったこともあり…)の添削など、あらゆるものを作るだけでなく、

お金だけでは解決しない

  • 販売・営業・マーケティングを意識した社風への転換
  • 思いつきをすぐにカタチにするフットワークの軽さ
  • 自らコンテンツを生み出す企画力

なども一般的なホームページ制作業者が作るホームページ制作代とほぼ同等な値段で手に入れることになった同社。

「自発的に動く企業」としかけづくりとの相性の良さがわかりやすく顕在化された事例でした。

目次
閉じる