日常の販促と非日常の販促

いつも勉強会やらセミナーやらをやる時お話ししていることの1つがこれ。

販促活動には「日常の販促」と「非日常の販促」があって、どちらかに偏ることなく取り組みましょうねー。というご説明をしています。

マーケティング界の偉い人の言葉ではなく山崎オリジナルなので、勉強中の方向けではないですよ

キラキラな感じの起業家とかに多いのが、イベントやらお茶会やらに出まくって写真撮ってインスタにあげて…なパターン。
これは【非日常】側。こういうのばっかりだと、なんか賑やかだけど「…で、何してくれるの?」となってしまいがち。

一方の【日常】は、日々更新するブログ・SNS・動画だったりします。メルマガや広報誌などもそうですね。積み重なると効いてくる一方で、続けるのがとてもしんどいやつです。しかもこれだけだとなかなか拡がらなかったりします。

なので、両方やりましょうと言うことになるんですが。これがなかなか…。

基本的には

【日常】を回しながらたまに【非日常】を取り入れ、そこで【日常】のネタを増やす

のがいいのかなと。

ちなみに投稿の継続に関しては、「最近投稿ないね」とか言ってくれるペースメーカー的な人がいるだけでも違いますよ。あとは、マンネリ防止のためのイベント参加ですね。

イベント1つ参加するだけで、SNS投稿のネタがいくつも出てきます。

目次