販促ツール作成のためのシート(無形商材ソリューション)

こんな方におすすめ
  • カタチのない商品・サービス・ソリューション・加工などを扱っている企業・店舗
  • サイト・パンフで「どのように打ち出すか」で困っている
  • 伝わりづらさに悩んでいる企業・店舗
内容

【入力項目】

  • サービス概要と購入後の「変化・効果」
  • つまり一言で言うと何なのか?
  • 顧客像とその課題・背景→キーワード
  • 同業・類似サービスとの違い
  • 何をどのように伝えるか?

内容物(Zipファイル):

  • 販促ツール作成シート(無形商材)
  • 記入サンプル(新サービス企画時に使ったもの)
  • 記入時のポイント(解説)

目に見えない「サービス」や「施工」「コンサルティング」「デザイン」などは、購入後のイメージが湧きにくく売りづらいと言われます。ですが、導入・購入後にどうなるか?をしっかりと伝えることで、売りやすさが改善されます。

このシートは特に顧客像の定義部分に力を入れています。これが決まるとおのずと販促物に使う言葉が絞られて、よりピンポイントに狙った顧客に響く効果を見込んでいます。

本シートのメリット
  • 販促ツール作成時での掲載項目の整理
  • 無形商材独特の伝わりづらさの解消
  • キャッチコピー、顧客像探し

目次